自宅でブランド物を洗濯するのは危険?

自宅でブランド物を洗濯するのは危険?
*クリーニングをする服と出さなくてよい服の分け方をについて

 

 

昨今多いのが家庭での洗濯の落ち度

 

・家で洗ったらセーターが縮んです!!
・家で染み抜き剤を使用したら逆に変色した!!

 

といったような電話がかかってきます。

 

汚れたらクリーニング店舗にお願いする! と言いたい所ですが、そんなことを実践すると
いくらクリーニング屋にキャッシュを払えばいいのかわかりません。
もちろん家で洗ってもいいのですが、いるラインを作ってほしいのです。

 

家で洗う服か、クリーニングに生みだす服なのか?

 

 

クリーニング金の基点は 商品金の5% です。
10000円の商品だと500円のクリーニング金が賢明という意味。

 

10000円のセーターのパターン
クリーニング金は500円平均が賢明
10000円以下のセーターは家で洗える懸念が大
逆に30000円のセーターは1500円が賢明

 

10000円以下のセーターは家庭それでも洗える可能性が高いです。
逆に30000円のセーターはカシミアなどの高級素材を使われているので
クリーニングも壮観仕上げなどが嬉しい。

 

 

 

と言えます。 

要は金額がおっきい服はクリーニングへ取り出す!!という意味。

少ない服は軽装だから自分で洗っても平安♪

 

 

 

オススメ行う! クリーニングに描き出すラインは1万円

 

1万円未満で購入した服は本当にお家で洗うことがOK。
と言うより、家で洗うように作られています。
1万円以下の服は素材も高級素材は使わず。売り易い素材を使っています。
ですから家で洗った方がいいのです。

 

逆に1万円を超えると、ウール素材を並べる服が増えてきます。
ウール素材の服は家で水洗いすると、縮む懸念がとても大きい!!
自身のところに訪れるお話もほとんどがウールの縮みだ。
そうしてこれだけは覚えておいて下さい。

 

失敗した商品のほとんどが高額な衣類だ。

 

ウールのセーターを手洗いすることは悪いことではありません。

 

でも、失敗しても嬉しい服だけにください。
失敗したくないブランドのお気に入り服を数値百円のコスト削減のために
洗濯悲劇をはじき出すなどはとっても残念で手法がありません。

 

ま、高額で気に入ってるから落ち度になるんだけどね。
軽装ならなんとも思わないから(笑)